本文へスキップ

            会津支援学校 竹田校は、病弱児教育を行うための学校です。( FOR HEALTH-IMPAIRED CHILDREN )

〒965-0876 福島県会津若松市山鹿町3−27 竹田綜合病院内
      TEL.0242-28-0640   FAX.0242-26-4541

運営方針policy

            
         
    地域で共に学び、共に生きる教育の充実をめざして
    

  本校は、昭和41年に竹田綜合病院内の会津若松市立謹教小学校竹田分室(ベッドスクール)
としてスタートし、昭和53年に県立移管となり須賀川養護学校竹田分校となりました。平成2年には、会津地域における通学制の知的障がい教育特別支援学校として会津養護学校が開校するとともに、会津養護学校竹田分校となりましたが、平成29年4月より県の条例改正に伴い会津支援学校竹田校となりました。
 竹田校の歴史は本校である会津支援学校よりも長く、会津地域における病弱・虚弱児童生徒を対象とする特別支援学校として、医療と連携しながら地域に貢献してきました。 今年度は小学部3名、中学部生6名の児童生徒でスタートしたところです。
 本校の教育目標は、「確かな学力」、「豊かな心」、「健やかな身体」をキーワードに、「児童生徒の病気や障がいに配慮し、一人一人に応じて確かな学力と豊かな心や健やかな身体を養い、よりよく生きようとする人間の育成に努める。」となっており、今年度は、その具現化を図るため、以下の4つを学校経営の方針としています。

 1 児童生徒一人一人の教育的ニーズの焦点化を図りながら、わかる授業を実践し、考える力の育成に努めます。
 2 地域の人とのかかわりや体験的な活動を通して「豊かな心」と「健やかな身体」を育てることに努めます。
 3 児童生徒が地域の中で豊かに生活できるよう、キャリア教育の視点を踏まえながら進路指導を段階的に行い、
   個々の自己実現ができるように支援していきます。
 4 教員の教科指導力や特別支援教育の専門性の向上に努めるとともに、センター的機能を発揮し、地域における
   特別支援教育の一層の充実に努めます。

 今年度も職員一同、児童生徒の社会参加や自立に向けてより一層努力していく所存です。また、障がいのある子どものための地域の特別支援学校として、保護者のみなさんや地域の方々の意見に謙虚に耳を傾け、子どもたちと真摯に向き合いながら、障がいのあるなしにかかわらず、一人一人の子どもたちが地域で共に学び、共に生きる教育の充実を図ってまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 平成30年4月
                              福島県立会津支援学校長  杉 山  裕 恵
                                 (竹田校)

                     学校経営・運営ビジョン  
               ※ 戻るときは、ブラウザの戻るボタンから戻ってください。
 

 

LINK

会津支援学校

須賀川支援学校

須賀川支援学校   郡山校

須賀川支援学校   医大校

福島県教育委員会